確定申告を行う前に知っておきたい初歩的な知識

確定申告は1年に1度行わなくてはならない税金の申告になります。
手間だ・難しいと感じる方も少なくないものではありますが、その全体について知ることによって知識と理解を深めれば比較的にスムーズに申告できるかと思います。
そこで今回は「確定申告とは」という部分について考えていきたいと思います。

確定申告とはどのようなものなのかについて考える

まずはその意味について考えていきましょう。
個人事業においての申告は1月1日から12月31日までの1念を通しての会計結果を確定し、翌年の2月16日から3月15日まだに国に申告を行う作業を言います。
その内容ですが、売り上げや経費、所得などを書類に記入していくのです。

確定申告とはどのようなものなのかについて考える

会社員の方の場合、その経験がないという方もいらっしゃるでしょう。
これは申告を「行わなくてよい」からというのではなく、会社側が行っているからなのです。
年末調整で経理の方々が税金を調達しているという認識になります。
ですから、個人での申告作業がないというわけです。

会社員勝申告が必要であるというケースですが、所得控除が増えた場合・複数の収入を得ているという場合になります。

申告作業は必ず行う必要があります。
申告書類を作成後は、最寄りの税務署に提出をしてください。

白色申告と青色申告の2種類の方法を知ろう

個人事業の場合の申告についてという事になるのですが、2種類の方法があるのです。
それが「白色申告」と「青色申告」になります。

白色申告と青色申告の2種類の方法を知ろう
大まかな違いについてですが、白色申告の場合は簡単に申告ができるものの特典というものはありません。
一方、青色申告ですが、白色と比較をすると少し手間がかかるかもしれません。
さらには、簿記の知識を必要とする場合もあるでしょう。
その代わりにいくつかの特典のようなものを受けられるという認識で良いかと思います。

The recommendation site
婚活コンムス
恋愛から結婚へと導く婚活支援サイトです!実際に体験した婚活パーティーなどの投稿記事もあるので興味ある方は是非ともご覧ください!

何も申請を出さない状態ですと、前者の白色申告の扱いという事になります。
もし、青色申告を行いたいという場合には、申請を出しておく必要があります。
なお、その年の途中に新規開業をしたという場合においてですが、開業日から2か月以内に申請を出せば青色申告を行うことができるようになっています。

申告が必要な所得金額についての知識をもとう

1念を通しての収入から、仕入れ高・必要経費をつさしぃひた物が所得になります。

個人事業のみを営んでいるという場合ですが、この計算における所得が「38万円」を下回ったという際には確定申告の必要性がなくなります。

申告が必要な所得金額についての知識をもとう
また、複数営んでいるという場合には、「20万円以下」の場合には申告の必要性がありません。

上記に該当しない場合には必ず申請が必要となるのですが、提出方法が分からないという方もいらっしゃるでしょう。
出し方については3つの方法があります。
それが以下のようなものになります。

・申告書類を税務署にもっていって提出をする。
なお、これは税務署内にて書いて提出をすることも可能です。

・申告書類を税務署に郵送をする。

・e-Taxで電子申告をする。
このシステムを用いる場合、基本的には書類提出の必要は行わなくて良いのですが、使用するための準備は必要となります。

申告をする際に必要な書類などはあるのかについて

申告の際の書類についてですが、白色申告と青色申告それぞれ提出書類が異なってきます。
白色申告の場合には「収支内訳書」と「申告書B」が必要です。
青色申告の場合には「青色申告決裁書」と「申告書B」を提出するというガイドラインになっています。

申告をする際に必要な書類などはあるのかについて

双方に必要な書類は「申告書B」ということになりますが、「A」という書類も存在しています。
Aについてですが、会社員である場合もしくはアルバイトの場合に使用するものと考えておくとよいでしょう。

これが基本的に必要な書類になるのですが、すべてのケースにおいてというわけではありません。
必要に応じて、そのほかの申告書類を提出する場合もありますので、その時に合わせたものを準備するようにしていただければと思います。
提出書類が分からないという場合には、税務署にて相談を行う事も可能となっています。