確定申告で申請できる控除の種類!医療費や寄付金はポイントになってくる

確定申告は手間がかかるから避けたいと考える人は多いものです。

しかし、確定申告をしなければ申請できない控除も多く、節税のためのポイントになっているのも事実です。

年末調整では高額医療費などの控除処理は行われないため、出費が多い場合ほどチェックするのがおすすめになります。

確定申告時に申請できる控除の種類は意外と多い

確定申告時に申請できる控除の種類は意外と多く、節税のための手段になることもあります。

特に影響が多いのが住宅ローンや高額な医療費がかかった場合の申請です。

どちらも金額が大きくなりがちなことから大幅な税控除を見込める場合があるのです。

特に重要になるのが出産時の確定申告です。

出産に関する費用を高額医療費の控除申請に使えることが多く、課税される所得を大幅に減らすことができるためです。

10万円以上の費用がかかっている場合は対象になるため、一度確認してみるのがおすすめです。

確定申告で税控除を利用すれば、支払いすぎた税金が還付される可能性や、翌年の保険料や住民税の負担を減らすことができます。

他にも災害の際に住宅などが被害を受けた際に税の減免を受けられるケースもあります。

寄付金なども税控除に使えることがあるため、知っておいて損は無いのです。

事業主であれば様々な経費を申告するチャンスでもある

事業主の場合は確定申告は税金を節減するチャンスでもあります。

事業を行っている場合は収入を得るための必要経費は経費として計上し、課税の対象から外すことができます。

収益から経費を差し引いた金額が課税される収益になるため、経費をいかに計上するかが大切になってくるのです。

注意したいのは、何が経費として認められるかは事業の実態によってかわってくるということです。

確定申告時に節税しようと会計の基準を変更してしまうと不正な行為とみなされる可能性があります。

事前に税理士に相談や依頼をした上で、何を経費にするかをしっかり確認する必要があるのです。

電話占いを利用している場合は、電話占いの費用が経費に計上できないかと考える人もいます。

※参考のサイトはココ

URL https://e-kantei.net/
カリス

URL https://kikuhapi.com/
電話占い口コミ

経費に計上できるは事業の実態に即しているかが大切になるため、実際に電話占いに関する事業を行っている場合は経費に計上できる可能性もあります。

こちらも不安がある場合は税理士に確認し、根拠に基づいて申請することが大切になっているのです。